<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

山百合の咲く頃

0


    日時 8月2日 (水)
    場所 八幡
    石垢 悪い
    水況 渇水 澄
    釣果 6〜18尾
    型 14〜18cm
    氏名
    仕掛 水中糸 ナイロン0,2号
    掛け針 フックK 6,5号 3本イカリ

    今日の釣り
    8月1日(火)の夜半の雨が濁りを伴った30cmの増水となったが、翌朝には柳色から澄加減になった。時々の雨が僅かばかりの増水をもたらすけれど、石垢の状態が好転することはない。一見、石色が付いているけれども真に良いとはいえず、石垢としては最低ランクである。水中を見ると、瀬わきに良型がついている。坂ノ上から下流八幡まで、釣り人の姿はあまり見えないけれど、結構釣れるのであって、竿抜けになっていれば午前中で満足を超える時もあるようだ。

    明日の釣り
    友釣りは、難しい釣りではない。(おとりの元気を損なうことなく着けられれば・・) 藁科川の友釣りが厄介になったのは、一方では釣り人の多さではあるが(よく言われる事なので、こちらに注意が向けられて本質を見抜けない)、魚類(鮎)の遺伝的変化によることである。藁科を愛する釣り人はこのことを知っている。とは言え、基本はしっかりと泳がせることであるから、それが出来れば、やはり掛かるものである。川色をしっかりと見ることが出来れば、なをさらなのだけれど・・。

     

    Y.Nagahama * * 07:56 * comments(0) * -

    蝉の声

    0


      日時 7月6日 (木)
      場所 新藁科橋周辺
      石垢 良
      水況 平水 澄
      釣果 6〜32尾
      型 14〜18cm
      氏名
      仕掛 水中糸 005 メタコンポ
      掛け針

      今日の釣り
      石色もよく、天然遡上がようやく友釣り対象となっています。つまり、掛かり始めました。平水になっていますが、流心までは竿が入っていないと思われます。ここ2日間、ちょうど恵まれた増水によって鮎の活性が高まったと思われます。

      明日の釣り
      これからしばらくは釣れ続くと思われます。上流部から新東名位まで、広い範囲で竿が出せる状態になるでしょう。

      Y.Nagahama * * 19:18 * comments(0) * -

      鮎らしさ

      0


        日時 7月2日 (日)
        場所 富厚里橋周辺
        石垢 付き始め
        釣果 4〜23尾
        型 13〜19cm
        氏名
        仕掛 水中糸 005 メタコンポ
        掛け針

        今日の釣り
        6月21日に降った雨の3日後、どこにいたものか、大遡上があった。白川になったものの、この時期の回復は早い。実際には、7日後に釣れ始めている。鮎の成長は遅れているため、全体には小さいが、1日、2日(昨日)と良型が掛かっている。

        明日の釣り
        天然ものがそろそろ掛かり始めてくる。雨の量が少ないのが気になるところです。

        Y.Nagahama * * 07:11 * comments(0) * -

        石色

        0

                    藁科川の友釣り

          日時  6月27日(火)
          場所 店前
          水況 平水
          石垢 20%
          釣果   2〜8尾
          型 13〜17
          釣り人
          仕掛 号
          ハリ      号 イカリ

            今日の釣り
          川の色に変化が現れました。石垢が付き始めているようです。石色の良いところで掛かりが良いようです。

          明日の釣り
          今週の予報は雨模様でしたが、あまり降ってはいません。石色の変化が予想以上に早く、週末を待たずに釣り可能です。

          Y.Nagahama * * 13:13 * comments(1) * -

          大雨と引水

          0

                      藁科川の友釣り

            日時  6月24日(土)
            場所
            水況 平水
            石垢 0% 白川状態
            釣果  

            釣り人
            仕掛 号
            ハリ      号 イカリ

              今日の釣り
            「川時化」の状態から、1mの増水のために、垢が飛んだようです。白川になったのは今年初めてです。鮎の成長にとって新垢は、最大級のエネルギーになります。最初の藻類が鮎にとって欠かせないようです。その新垢が付くのは、1週間前後だと思われます。

            明日の釣り
            残り垢があればいいのだけれど、今のところ可能性はありません。来週になると、雨模様のようです。残り垢を探して、釣りに出かけましょう。

             

            Y.Nagahama * * 06:13 * comments(0) * -
            このページの先頭へ